このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。
丹波市まちづくり部市民活動課

全コース/講座

終了しました

[最新のお知らせ]
(3/7)閉校式を開催しました。詳しくはこちら
(2/8)各コース第5回を開催し、全講座終了しました。3/7(土)に閉校式を開催予定です。
(1/18)活動づくりコース第4回/会議運営コース第3・4回を開催しました。
(12/22)情報発信・共有コース第3回・第4回を開催しました。
(12/12)会議運営コース第1回・第2回を開催しました。全コーススタートしましたので、受講申し込み受付は終了しました。
(11/30)情報発信・共有コース第2回/活動づくりコース第2回・第3回 を開催しました。両コースの受講申し込み受付は終了しました。
(11/16)活動づくりコース第1回/情報発信・共有コース第1回 を開催しました。
(10/13)開校式・基調講演を開催しました。引き続き、11月からスタートする講座への参加申込は受付中。

活動づくりコース講師紹介

第1回[終了しました]
「私から始める地域への参加・活動」

講師:柏木登起さん
NPO法人シミンズシーズ代表理事

 1980年兵庫県明石市生まれ。民間企業の営業職を経て、NPOの世界に。現在は、主体的に活動する「市民」が活躍する市民社会の実現を目指し、コミュニティ・プランナーとして活動する。「シミンのジリツ(自律と自立)」をキーワードに、市民参加の企画・プロデュース業を行うNPO法人シミンズシーズの代表理事をつとめる他、一般財団法人明石コミュニティ創造協会の常務理事兼事務局長として地域自治組織の支援や生涯学習・男女共同参画の推進等にも関わる。

第2回[終了しました]
第4回
終了しました]
第5回[終了しました]

講師:戸田幸典
第5回ゲスト:木上さん、津久井さん(NPO法人シミンズシーズ)

(株)地域計画建築研究所 地域再生デザイングループ主査/丹波市市民活動支援センタースタッフ

 1980年奈良県生まれ。学生時代は大学コミュニティの活性化に取り組み、卒業後は京都でNPOやソーシャルビジネス支援、市民コミュニティ財団の設立・運営などに従事。
 現在はコミュニティデザインを取り入れた住民の力を引き出すまちづくりや計画づくり、地域の多様な主体・資源を持ち寄り、協働して行う地域課題解決のための事業・活動づくり、住宅政策等をテーマに仕事をしている。

 丹波市では、2018年〜まちづくりビジョンにおける地域自治のあり方の検討を担当、中間支援人材育成業務を企画・運営、2019年〜市民活動支援センター開設準備・運営スタッフ。ほか、兵庫県地域再生アドバイザーなど。

準備中

第3回[終了しました]
「誰とやる?〜1人で初めても、1人でやらない・終わらない工夫」

講師:赤澤清孝さん

特定非営利活動法人ユースビジョン 代表/認定特定非営利活動法人日本ボランティアコーディネーター協会 理事/大谷大学社会 准教授

 1995年の阪神・淡路大震災での学生ボランティア活動に可能性を感じ、翌1996年に学生有志で、きょうと学生ボランティアセンター(現ユースビジョン)を設立。若者の応援を求める地域とボランティア活動に関心のある学生をつなぐ活動を始める。現在も、京都市内を中心に学生のボランティア活動を支援するとともに、全国各地の大学ボランティアセンターのスタッフ研修等に取り組んでいる。
 また、2013年より大谷大学にて教員として、コミュニテイラジオ番組、ローカル情報サイトの運営地域など、地域と連携した教育実践にも取り組んでいる。

第2回[終了しました]
第4回
終了しました]
第5回[終了しました]

講師:戸田幸典
第5回ゲスト:木上さん、津久井さん(NPO法人シミンズシーズ)

(株)地域計画建築研究所 地域再生デザイングループ主査/丹波市市民活動支援センタースタッフ

 1980年奈良県生まれ。学生時代は大学コミュニティの活性化に取り組み、卒業後は京都でNPOやソーシャルビジネス支援、市民コミュニティ財団の設立・運営などに従事。
 現在はコミュニティデザインを取り入れた住民の力を引き出すまちづくりや計画づくり、地域の多様な主体・資源を持ち寄り、協働して行う地域課題解決のための事業・活動づくり、住宅政策等をテーマに仕事をしている。

 丹波市では、2018年〜まちづくりビジョンにおける地域自治のあり方の検討を担当、中間支援人材育成業務を企画・運営、2019年〜市民活動支援センター開設準備・運営スタッフ。ほか、兵庫県地域再生アドバイザーなど。

情報発信・共有コース

第1回[終了しました]
「魔法をかける編集~市民の編集力を高めよう」

講師:藤本智士さん

1974年兵庫県生まれ。編集者。有限会社りす代表。雑誌「Re:S」編集長を経て、秋田県発行フリーマガジン「のんびり」、webマガジン「なんも大学」の編集長に。自著に『魔法をかける編集』(インプレス)、『風と土の秋田』(リトルモア)。写真家の浅田政志氏との共著『アルバムのチカラ』(赤々舎)など。編集・原稿執筆した『るろうにほん 熊本へ』(ワニブックス)、『ニッポンの嵐』(KADOKAWA)ほか、手がけた書籍多数。

第2回[終了しました]
「地域情報を編集し、発信するコツ」

講師:足立智和さん
丹波新聞者 編集部 記者

龍谷大学法学部を卒業後、京都市内の自然食系居酒屋店員を経て、1999年4月、丹波新聞社に入社。編集部記者として、「平成の大合併」1号の兵庫県篠山市の誕生(2000年)、丹波市合併(2004年)、丹波市政などを担当。2006年から地域医療関連の報道を始め、住民が地域医療を守る全国モデル「県立柏原病院の小児科を守る会」の設立に携わる。地域の病院問題に日本一詳しい記者として、北海道から沖縄まで全国で講演活動を展開。46歳。丹波市青垣町生まれ。

第3回[終了しました]
「参加」に必要な情報「発信」(PR)と情報共有
第4回[終了しました]
情報「発信」PR:伝わるコツとは〜情報発信に使えるツールと使い分け

講師:柏木輝恵さん

NPO法人シミンズシーズ事務局長
コミュニケーションデザイナー 

1983年兵庫県明石市生まれ、明石市在住。一般企業を経て、2008年NPO法人シミンズシーズに入職。市民参加型事業のプロデュース、広報やNPOの設立運営相談、チーム運営支援等を担当。NPOのさまざまなコミュニケーションの問題の解決や、コミュニケーションの場づくりをサポートしている。


第5回[終了しました]
仲間や団体内の情報「共有」どうする?〜ツールを知ろう・使おう

講師:戸田幸典
(株)地域計画建築研究所 地域再生デザイングループ主査/丹波市市民活動支援センタースタッフ

ほか、プロフィールは別コース記載のとおり

第2回[終了しました]
「地域情報を編集し、発信するコツ」

講師:足立智和さん
丹波新聞者 編集部 記者

龍谷大学法学部を卒業後、京都市内の自然食系居酒屋店員を経て、1999年4月、丹波新聞社に入社。編集部記者として、「平成の大合併」1号の兵庫県篠山市の誕生(2000年)、丹波市合併(2004年)、丹波市政などを担当。2006年から地域医療関連の報道を始め、住民が地域医療を守る全国モデル「県立柏原病院の小児科を守る会」の設立に携わる。地域の病院問題に日本一詳しい記者として、北海道から沖縄まで全国で講演活動を展開。46歳。丹波市青垣町生まれ。

会議運営コース

第1回 みなさんの会議はどんな会議?
第2回 良い会議には準備が必要
[終了しました]

講師:川中大輔さん
プロフィールはこちらをご覧ください。

第3回 話しやすい場・会議に参加してみよう[終了しました]
第4回 様々な会議・ワークショップ手法を知ろう[終了しました]

講師:柏木登起さん
NPO法人シミンズシーズ代表理事

ほか、プロフィールは別コース記載のとおり。

第5回[終了しました]「自分ごと」になる会議を企画・運営・ファシリテートしてみよう

講師:戸田幸典
ゲスト:木上さん、津久井さん(NPO法人シミンズシーズ)
(株)地域計画建築研究所 地域再生デザイングループ主査/丹波市市民活動支援センタースタッフ

ほか、プロフィールは別コース記載のとおり

第3回 話しやすい場・会議に参加してみよう[終了しました]
第4回 様々な会議・ワークショップ手法を知ろう[終了しました]

講師:柏木登起さん
NPO法人シミンズシーズ代表理事

ほか、プロフィールは別コース記載のとおり。